根元のカラーと毛先のカラー、毎回同じお薬で染めていませんか?



「スポンサーリンク」

こんにちは、石川県白山市の美容室gumiです。

今日はカラーについてのちょっとしたお話です。

 

リタッチという言葉をご存知でしょうか?

リタッチというのは、カラーをして日にちが経って、根元の黒い部分や白髪が伸びてきた時に、その伸びてきた部分だけを染める事です。

(つまり毛先は染める前と全く変わらない)

リタッチしかしないって方は結構多いと思います。

 

ただ、基本的には毛先ってどんどん色が抜けて明るくなってきますし、色が抜けきるとパサパサになって広がったりしてきます。

個人的にはなるべくパサパサでは帰って欲しくない(やっぱりツヤとか少しでもあった方が良くないですか?)ので、ほとんどの方は毛先までカラーをさせていただいています。

リタッチで!とか、今の毛先の色は変えたくない!という方にはもちろんリタッチのみで対応させていただいていますが。

 

『でも毎回毛先まで染めると傷みませんか?』という疑問もありますよね。

結論から言えば、根元と同じお薬で毛先も染めると傷みます。。。が、当店では毛先専用の傷まないお薬を使用していますので、むしろ綺麗になります。

 

通常、根元の黒い髪を染めたり白髪を染めたりするお薬は、髪を脱色しながら同時に色味を入れていきます。

この色味が抜けると(退色すると)色味が抜けて脱色されただけの色になり、あまり綺麗ではない色味になりパサパサになります。

カラーの場合、この脱色する際に傷むのですが、毛先専用のお薬は脱色をせずに色味だけを入れていきます。

脱色をせずに色味だけを入れるので、ほぼノーダメージです。

毎回毛先まで脱色をするお薬を使うと、ダメージもカラーをする度に蓄積されますし、色味が抜けた時もギラギラとした色になってしまいます。

ホームカラーが傷むというのは、根元と毛先の塗り分けが出来ないからとも言えます。

 

根元は根元専用のお薬で

中間~毛先は毛先専用のお薬でという風に分けているので、当店でカラーをされるお客様は安心してカラーをお楽しみください^^

 

*ただし毛先専用のお薬にもデメリットがあります。。

脱色しないという事は、パワーが弱いという事なので、黒髪を茶色にしたり今の髪の毛の状態よりも明るくしたい場合には使用出来ない事があります。

今の色味より落ち着かせたり、明るさはそのままで色味だけを変えるという場合には問題なく毛先専用のお薬を使用出来ます。

また何なりとご相談下さいね^^

 

 

「スポンサーリンク」

”ご予約はこちらから”

ご予約はこちらのボタンから。電話、ウェブ予約、LINEからご予約いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

gumiの井須ムラサキです。ふたご座生まれのA型人間で、へんな所が几帳面です。手入れの楽なヘアスタイルでお客様のヘアライフをサポートいたします。どうぞ、よろしくお願いします。